3DAR(3D拡張現実アプリ/WebAR)

T-Chara AR(3D CG AR)

~目次~

Augmented Reality ~拡張現実~
そこにない世界がそこに現れる。

  • スマートホンやタブレットでアプリを起動し、任意の絵にかざすと、オリジナルのキャラクターが動いて話し出す・・・。
  • 現実世界とバーチャルが混ざり合う驚きと感動の不思議な世界。

英語の絵本に導入した例≫
絵日記ライオンARアプリ

AR (Augmented Reality=拡張現実)とは

スマートホンやタブレットの内蔵カメラを通して見る、
現実の世界に、存在しないキャラクターなどのバーチャルな世界を合成する技術です。
また、キャラクターだけでなく、見えない知識や情報をコンテンツなど補足的な動画などで表示したり、ウェブサイトへ誘導することなどもできます。

ARでできること

  • 動画やCG、音声の出現
  • 道案内
  • スタンプラリー
  • 距離や長さの計測(家具の配置シミュレーションなど)
  • 衣類やメガネなどの試着

ARのメリット・デメリット

<メリット>

VR(バーチャルリアリティ)が専用のゴーグルを必要とするのに対して、ARはスマホやタブレットで楽しむことができること。スマホやタブレットは所持している人が多いため、さまざまな場面で応用しやすい。スマートグラスでも利用可能で、企業の製造ラインなどでも活用されています。

<デメリット>

アプリの場合、ダウンロードしてもらうというひと手間がある。(WebARの場合は不要)
マーカーとなるものの不正コピーの可能性がある。現実世界に付加するものなので、VRのような没入感は得られにくい。WebARやアプリのオンライン版においてはネット回線を必要とし、ネット回線状況によって表示されにくい場合がある。(アプリのオフライン版は、アプリダウンロード後はオフラインで利用できるため環境に左右されにくい)

ARアプリとWebAR

ARアプリ・・・3DCG出現だけではなく、様々な用途に利用可能です。(GPSを使った道案内やスタンプラリー、くじ引きやゲーム、衣類の試着や家具配置シミュレーションなど)
WebAR・・・アプリダウンロード不要。Webサイト上でARが体験できます。開発コストも抑えることができます。

オンライン版とオフライン版

オフライン版のメリットは、ネット回線が不安定な場所でも安定して動作が出来るという点です。展示会やイベント会場、高層マンションなどのインターネット接続が不安定な場所やWifiがつながりにくい場所でも問題なく動作ができます。デメリットはアプリの容量が大きくなりがちで、iOSやGooglePlayでのアプリの容量制限があるためCGの容量を抑えなくてはいけないのでデータに制約があります。

オンライン版のメリットはアプリの容量を抑えることができることや、常時サーバー上で更新ができ、最新のコンテンツをユーザーに表示させることができることです。デメリットはインターネットの回線環境によって表示が安定しない場合があることやサーバーの費用が別途かかることです。

イベントなどで多くの人が一斉に利用するような場合や高層階での利用などにはオフライン版、コンテンツを更新していきたい場合はオンライン版という風に、オンライン版、オフライン版それぞれメリット・デメリットがありますので、使用場所や用途などにあわせて選択することをおすすめします。

マーカーの種類

  • 絵や写真などの図柄
  • 実物のものや風景(空間認識)
  • GPSを使った位置情報

マーカーとして認識しやすい図柄

  • 左右、上下非対称であること
  • 複雑であればある程良い
  • 似かよった図柄があると誤認識を起こすことがあります。

実際にARの世界をご体験できます

カタログをクリックしプリントアウトしていただくとARアプリを体験していただけます。
(アプリダウンロード等の説明もございます。)
アプリダウンロード不要のWebARはこちらのページで体験していただけます。
ぜひ、どちらも体験してみてください。

 

T-CharaAR ダウンロード方法



1. 上記リンクからアクセスしていただくか、QRコードをスキャンしていただくか、AppStoreやGooglePlayで「T-CharaAR」と検索して、アイコンをタップしダウンロードしてください。
2. T-CharaARのアイコンをタップしてアプリを起動させ、マーカーにかざします。

 

制作事例