「第9回 看板・ディスプレイ EXPO【夏】」出展記

こんにちは、田中印刷所 田中です。

第9回 看板・ディスプレイ EXPO【夏】は東京ビックサイト南館で開催された

のですが、今回も日本郵便メンテナンス株式会社様のブース内で展示させてい

ただくことができました。

新型コロナウイルス感染拡大中で、東京都にも蔓延防止等重点措置が出ている

中で緊急事態宣言がいつ発令されるかという状況での開催でしたし、来場予約

をしていただいていて、キャンセルされたお客様もございました。

それでも思ったほど来場者は少なくなくて、程よく、切間なく説明できていて

良かったと思っています。

 

今回の展示物は

  • キュービックスクリーンmini 24cmモデル
  • バーチャルマネキンEZR
  • WebAR(拡張現実)-アプリレスでカンタン
  • Vtuberを使ってミラーサイネージでアバターを遠隔操作

の4機種でした。

 

1日目はキュービックスクリーンminiのみブース前方で展示していたのですが

来場者の注目といいますか足止まり率が良かったので等身大のバーチャルマ

ネキンEZRもブース最正面に移動して日本郵便メンテナンス株式会社様のブー

スアピールをしようということになり、1日目に終了後に移動させていただき

ました。バーチャルマネキンの説明内容は、マグネシウムと空気と塩水の化学

反応によって安全でクリーンな電気をつくりだす「水発電機」AQUENEOUS

で展示商品の横に置いて説明をしておりましたが、最正面に置いてブース内に

来場者を誘導しやすくなったと思います。

今回、助っ人に株式会社シャベリーズ 代表取締役 丸山久美子様にバーチャル

接客員の実演をVtuber形式でお願いするはずだったのですが、丸山さんがブー

ス外で見込客を持ち前の会話力で選別し、ミラーサイネージの所まで誘導して、

私がVtuber形式でバーチャル接客員になって説明するということになって逆

転現象が起こったのですが、どう見ても来場者を言葉たくみに誘導するスキル

はかなうわけがなく、このやり方で説明をしておりました。その時に WebAR

垂井町観光協会様「竹中半兵衛公」も説明できて良かったと思っています。

竹中半兵衛公Web AR

アバターに興味を持っていただける人には今回展示しておりました4つのシス

テムは興味を持っていただける共通点がありますので、どの商品を説明しても

良い反応を示していただけたと思っております。

今回ミラーサイネージディスプレイを展示いたしておりましたが、この機器は

株式会社イプロ様からお借りしたものでして、今後は弊社でもイプロ様から技

術供与していただきながら製作していくことになりました。

まずは、バーチャルマネキンEZRで良く「全身投影版が出来ないの?」と言わ

れておりましたので液晶モニターを縦に2連結して2面モニターで製作していこ

うと構想を練っております。その為にイプロ様からハーフミラーを購入いたし

ましたして順次進めてまいります。完成しましたら皆様にもご紹介させていた

だきますので、よろしくお願いします。

www.epro.bz/mirror.html

お知らせ

前回9月に日本郵便メンテナンス株式会社様のブース内で展示させていただいて

おりましたHyprface顔トラッキングシステムはHyprsense社がシリコンバレー

の大手企業に買収されました関係で取扱ができなくなりました。お話をさせてい

ただいていた皆様には申し訳ございませんでした。