バーチャルマネキン AIバージョン

バーチャルマネキンにAI搭載! 会話ができるタイプの登場

機器をセットして超小型コンピュータを起動すると、キュービックスクリーンminiに映像が映し出されWebカメラの緑色のランプが点灯すれば準備OK.
対話する人の顔をWebカメラの前に来るようにし、約2秒間待機することで対話モードに切替ります。
会話モードの状態で人が喋りかけるとキュービックスクリーンminiモモタイプ(以下、モモ)が反応して返事をしていきます。

会社の受付嬢として担当者につないだり、外出中であれば総務部へつなぐなどのことができます。また、お店での対応や、説明会、エントランスでのインフォメーション、展示会での接客、多言語での案内など幅広いシーンでの活用が期待できます。

オフライン版

  • オフライン版は、当初に内容を決定し更新等がなく、月額がかからず、導入費用を抑えることができます。

クラウド版

  • クラウド版は、クラウドで内容が随時更新ができ、外出中の担当者にメッセージを送信することなどができます。