Tag Archives: AR

第2回中国国際輸入博覧会で気になったモノコト ~その②~

第2回中国国際輸入博覧会で気になったモノコトをご紹介します。

1. 3D holographic LED fan 3連
2. ARデモンストレーション
3. HTC VIVE Pro
4. 網紅(ワンホン)
5. リコーチャイナブース

2. ARデモンストレーション

ARアプリデモ
中国語のできない私は、ブースの前を通り過ぎる人波を眺めることや太友(上海)貿易有限公司さんがわからないことがあった場合に答える以外はすることがなかったので、T-Chara AR のデモを行っておりました。
中国で以前に3DCGのARは観ておりましたので、どのような反応か観たかったのであります。

T-chara ARデモンストレーション(中国国際輸入博覧会CIIEにて)田中印刷所ブース

 

キュービックスクリーンmini を観ながら横にタブレットを持ったおっさんが不可解な動きをしているものですから目に入って来るようで、結構質問をいただいておりました。
旅行業者の方が観光地にARを使いたいとか、絵本を含めて教材に使いたいとか、キャラクターが道案内するとか出来ないの?というような具体的な案件もありました。

 

中国のスマホでアプリをダウンロードするとき、iPhone だと App Store からですが Android だとGoogle Play というわけにはいかないのです。中国では Google 関係が使いにくい状況にあるので、中国版 Android 機のダウンロードできるサイトを用意しなくてはいけないようです。
WeChat にはミニプログラムという場所があって、そこにアプリを入れられればApp Store、Google Playとか関係なくなるのではないかという意見もありました。

 

中国の親御さんは子供の教育には熱心で「良い教材であれば無理をしても購入する」という意見もありましたし、ARの可能性はあるかなと思っています。IT関係が進んでいる中国で、ARの認知度が低いことに驚いているところです。

中国CRIテレビ番組(国営放送)”AちゃんのChina now”で田中印刷所が紹介されました

中国CRI(国営放送)テレビ番組 AちゃんのChina now

中国国際輸入博覧会(上海)出展のときの様子を中国CRIテレビにご紹介いただきました。

CRI Online日本語サイトはこちらから

 

出展の様子はこちら

しんきんビジネスマッチングフェア 商売繁盛創設所2019

2019年9月5日(木)・6日(金)
10時~17時(最終日は16時まで)
場所:彦根ビューホテル
一番奥の角で間口がとても狭いブースのため、配置に工夫いたしました。
多くの方が来場されました。
今回の展示の初出品は、Vtuberシステムの体験とホログラフィックLEDファン2機連結バージョンです。Vtuberの体験は楽しんでいただけて良かったです。また、AR絵本アプリは大変興味をお持ちいただけました。

1909展示会ブース設営 田中印刷所

 

キッズクラフト様 ARアプリ 絵日記ライオンAR vol.01 <ARを導入した英語が学べる絵本アプリ>

 

キッズクラフト様

AR絵本アプリ「絵日記ライオンAR vol.01」

AR絵本6冊セット「All the Year with Leo」

2019年7月15日 リリース

 

子どもたちが英語を学べる絵本にARアプリを導入されました。
子ども達に人気のキャラクターLeo君のCG制作とARアプリ制作を担当させていただきました。CDをセットするという手間もなく、携帯をかざすだけで可愛いキャラクターが出てきてネイティブな英語でお話しします。

ご購入はこちら⇒ キッズクラフト AR絵本6冊セット

 

 

ARカタログ・AR絵本

AR(Augmented Reality ~拡張現実~)をカタログや絵本に活用

3DAR(3D拡張現実アプリ)
ARのアプリシステムを絵本やカタログに応用できます。

  • 絵本のキャラクターのCGが出てきて動いたり話したり
  • 製品の立体的な図が動きながら説明が流れる
  • 部品の組立て方の説明

絵日記ライオンARアプリ

AR絵本導入事例

AR(拡張現実)とは?

スマートフォンやタブレットをかざすと、キャラクターが動いて話しだす…。
現実世界とバーチャルが混ざり合う驚きと感動の不思議な世界。

紙媒体との組み合わせができ、多様に応用が可能です。

カタログや絵本とAR

ARはあらかじめイラストや写真にマーカーを設定し、マーカーにしたイラストや写真をかざすとスマホやタブレットを通じて見たり聴いたり、また、そこからウェブサイトへリンクしたりなども可能です。

  • 製品取扱説明などでわかりやすく説明したり
  • 商品カタログで立体的にものを見せたり
  • 絵本にさまざまなマーカーを設定して楽しめる絵本にしたり・・・ などなど

様々に応用が考えられます。

当社はCG制作を得意としています。CG・キャラクターを使ったARなら田中印刷所までお気軽にご相談くださいませ。

オンライン版とオフライン版

オンライン版 オフライン版
メリット アプリの容量が軽いです。 ネット回線が不安定な場所でも安定して動作が出来るという点です。展示会やイベント会場、高層マンションなどのインターネット接続が不安定な場所やWifiがつながりにくい場所でも問題なく動作ができます。
デメリット クラウドを使用しますので、その分のランニングコストがかかります。 オンライン版と比較して最初にインストールするときのアプリの容量が重くなります。

オンライン版、オフライン版それぞれメリット・デメリットがありますので、使用する場所や用途などにあわせて選択することをおすすめします。詳しくはお気軽にご相談ください。